「」である管理人零式(仮名)のグダグダで三国志大戦廃人な日々とか礼拝とか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は地元にアシミニ覇王が来てくれるというので、学校終わって用を済ませて突撃。

早速いたのでプレイングを拝見。
何というか、スキルよりも目が行くのは、その展開眼。
リアル郭嘉のような展開眼でラインを上げ、絶妙のタイミングで天啓を打ち、確実に攻城を入れて守りきる。しかも完璧なまでの士気計算と戦略で無駄の無い計略選択、流石としか言えませんな。
終わった後に、覇王塾とでも言うべき講義開始。
本当に凄く参考になる内容ばかり。個人的に戦術眼に関しては栄斗と同クラス、もしくはそれ以上ではないかと思える。
そんなお方と店内対戦開始。とりあえず何人か挑戦したいということで、まず俺のデッキとほぼ同じ(徐盛→太史慈)の方が対戦するも、敗北。結構押してたんだけどカウンター負け。
というわけで俺の出番。
いつもの配置でスタート、覇王は4枚の柵を2重に貼るようにして配置。
まず序盤、こちらは弓二隊を柵壊し隊として真ん中の2枚を破壊しに前進、同時に騎馬二隊を壊し隊のサポートに回す。騎馬は孫堅を城で回復させるのが目的。孫堅さえいなけりゃ壊し放題なので。
2枚壊して突破口を空けたところで一度引く。この時点で呉夫人と徐盛がやられたものの、呂範はまだ伏兵状態のまま、非常にいい位置をキープ。騎馬は回復待ちだがすぐに出ても十分牽制に使える。
中盤に入り、覇王は戦線を上げ、戦場中央あたりで麻痺矢発動。しかし横並びになっていたそこに呂範のステルス火計が決まる。んが、孫堅は撤退すると思っていたが撤退せずに逃げられる。まだ麻痺矢を打てる面子は残っていたので攻城に来る。呉夫人・虞翻あたりを攻城によこすが、こちらの呉夫人・徐盛も復活しており、騎馬のサポートもあったので無難に撃退。それでも騎馬のどっちかが撤退しており、ここで押されてたらやばかった。
中盤その2、ガチンコ天啓勝負。
こちらは騎馬も復活しており、頭数もそろったので全員出撃、一気にラインを押し上げる。向こうも天啓を発動し、力勝負。実は発動前に呂範が撤退しており、頭数では不利だったが、そこは騎馬の素敵パワーでしのぐ。使ったテクは連突と連続接触。突撃をカマした後に、二隊を相手にギリギリの位置で接触→離脱の繰り返し。これで呂蒙ともう一人を葬って撤退。残りを孫堅と愉快な仲間たちと共に防ぐ。お互いに天啓も切れ、城にダメージの無いまま撤退。ここで覇王は再起の法を使うが、こちらは孫策と徐盛が復活してたので再起は温存、そのままにらみ合いになる。牽制で上手く攻勢をしのぎ、復活した連中を引き連れて戦線をあげる。城門直前で天啓を発動、上手くバラける。このときに虞翻の火計が来るが、ほぼ兵力MAXだった高知力部隊には致命傷とはならず、孫策にも当たらなかったのでこのまま攻城。後ろで孫策がウロついてたのが効いて呉夫人が一発入れる。
切れる頃には程よく殲滅しており、再起を使わずとも十分守れると判断したのでまた温存。
終盤、本当にギリギリのカウントで向かってくるも、こちらの騎馬の連突で確実に阻止し、そのまま終了。

勝っちゃった(Д)    ゚゚

マジで嬉しかった。まさに自分の中で俺sugeeeeeeee状態。
このあと覇王に感想を聞いたところ、中々の好感触。
なんだか自分に自信が持てるようになったよ!

この後はアシミニさんとデッキトークや上位対決の話などをいろいろと聞かせていただきました。本当にお忙しい中ありがとうございました。
京都のお土産まで持ってくるなんて、まさに紳士!



勝った後で違う人とやった賢母天啓(最初に覇王とやってた人)との勝負は負けたけどな!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://zeroaki.blog22.fc2.com/tb.php/17-f4280321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 零式礼拝堂 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。