「」である管理人零式(仮名)のグダグダで三国志大戦廃人な日々とか礼拝とか。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも調子の悪い周期に入ったっぽい零式(仮名)です。
月末大会まで出来るだけ自重しようかしら。

前回の宣言どおりに、マイデッキでの立ち回り紹介。主に徐盛の。

対開幕終了デッキ
まず配置。

 ---- ----
  徐  呂  呉
  盛  範  夫
   孫  孫 人
   策  堅
============
     城内

基本はこの配置。これだとどちらから来られても対応可能、呂範の伏兵も上手くいけば主力の弓or槍、最低でも伏兵を踏み散らし、弓の射撃をわずかながら阻止することが可能。このわずかで周倉や張梁への援護力が落ち、騎馬二体が撤退することなく撃破可能。増援の法を使われても、大体使うのは張梁がヤバいときなので、それまでに中央に寄せた弓兵二隊と騎馬の壁突撃で、やっかいな槍の周倉や陳武を撃破できる。
ちなみに開幕連環された場合、弓のどっちかはまず逃げ切れないので周倉か陳武に的を絞り、死ぬまで狙撃。もしギリギリ逃げ切れると判断したなら、城壁ギリギリ、相手の弓サポートの届かない位置から狙撃。
騎馬隊は連環後、城内に戻り、直接乱戦で張梁を削りに行く。素早くバナナを食われる前に撤退させるには、孫堅を壁に当てて攻城を止め、そばから孫策が連続当てで接触ダメージをコツコツと当てる。もしバナナを使われても、そのころには連環も切れてるので、数発食らってもいいので連突で強引に落とす。落とした後は城内へ篭って回復待ち。多分サポートの弓が一人ぐらい攻城に来るだろうが、生き残ってる弓or死んでそろそろ生き返ってる弓で攻城を遅らせつつ、少し回復した騎馬隊で連突で落とす。もし騎馬が撤退中なら徐盛の麻痺矢戦法発動。武力10になるので城壁にたどり着く前に落とせる、もしくはたどり着いてからでも攻城前に落とせる。
ここまでくればこちらは無傷、もしくは数発食らってるが士気もしっかりとたまっている状態。
ゴリゴリと押して致命傷を与えたいなら敵城前で天啓、上手く範囲に3人以上入るなら火計、撤退せずに安定した強さを求めるなら賢母×2、城門を叩くのに集中するなら呂範を城門へやり、後ろから弓二隊+麻痺矢、さらに騎馬隊でうしろをうろうろ。
オススメは賢母×2。武力+6に知力もあがっているので、呂範や朱桓の火計が来てもかなり耐えることが可能。クチャーズが来ても安心の孫家です。
ここまでやれば大抵落城してるか、再起の法を残した状態でリードしている。士気が7溜まっているなら最後に天啓でシメ。

大体こんな感じ。ただし、あすか覇王の4色開幕終了にはおそらく通用しない戦法。だってジュンイク&チングンがいるんだもの。
多分後で書くキョチョイクタイプの戦術+この対開幕終了戦術が一番いい戦術になると思う。とはいっても、あすか覇王のスキル自体がすげぇので、相当シミュレーションしなきゃいけないだろうなぁ・・・
(i)
おっと、礼拝の時間が来たので次の対戦術はまた今度orz
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://zeroaki.blog22.fc2.com/tb.php/14-9c55d8bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 零式礼拝堂 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。